くさみのないジューシーな茶美豚をグリルした「茶美豚肩ロースの薪焼きグリル 香味野菜と生姜のサルサ」(2160円)/京都モダンテラス

写真拡大

京都の東山エリア、岡崎エリアは、清水寺や永観堂など、紅葉が楽しめる人気寺社が多く、夜になると幻想的な紅葉を鑑賞できるライトアップも行われている。そこで、夜の紅葉を見る前後に、晩御飯が食べることができる、東山・岡崎エリアで夜も営業している店を厳選して紹介!

【写真を見る】リンゴの木のチップでスモークした「薪窯オーブンのローストチキン」(1728円)/RIGOLETTO SMOKE GRILL & BAR

■ <岡崎・23時まで営業>名建築の意匠を残す空間で薪で焼くグリル料理

モダニズム建築のおもかげを残す、ロームシアター京都内にあるカフェ&レストラン「京都モダンテラス」。薪で焼き上げるグリル料理や朝食メニューのほか、亀屋良長の和菓子、オリジナルの洋菓子など多彩に展開。中でもイチオシは、「茶美豚肩ロースの薪焼きグリル 香味野菜と生姜のサルサ」(2160円)。くさみのないジューシーな茶美豚を野菜と共にグリルし、オリジナルのソースでさっぱりと味わえる。その他にも、夜はアラカルトメニューやアルコールが充実しているのでディナーに最適!

■ <東山・翌2時まで営業>洗練された空間でイタリアンを!

京都ならではのイタリアンが味わえる「RIGOLETTO SMOKE GRILL & BAR」。小さな格子戸を開ければ、そこはホテルのような高級感漂う華やかな空間。料理は薫製を中心に京野菜を使った前菜をはじめ、石窯で焼くナポリピッツァなど、目にもおいしい逸品ぞろい!人気メニューは、リンゴの木のチップでスモークした「薪窯オーブンのローストチキン」(1728円)。ジューシーで柔らかなチキンに添えられた、カリカリジャガイモもお酒との相性が抜群!

■ <東山・21時まで営業>つけ麺スタイルの絶品うどん

1967(昭和42)年創業のうどんの老舗「おめん 高台寺店」。約8種の薬味野菜、きんぴらごぼう、たっぷりのゴマを濃いめのダシに入れて味わう、つけ麺スタイルの手打ちうどんが名物。国産小麦100%の自家製麺は、つるつるモチモチ食感がたまらない。看板メニューの「おめん」(1150円)は、昆布とカツオでひいた濃いめのダシが秀逸。薬味の野菜は近郊や九州の契約農家から仕入れ、野菜に合わせて調理している。

■ <東山・22時まで営業>歴史ある高台寺のそばでひと休み

高台寺境内に“お茶所”、自家焙煎のコーヒー店「SLOW JET COFFEE 高台寺」は、京都市内が一望できる抜群の景色が楽しめる。看板のコーヒーのほか、パニーニや京都の素材を使ったスイーツなどフードも充実していて、中でも「京野菜とビーフのカレー」(1300円)は、旬の京野菜をたっぷり味わえるヘルシーなカレーでおすすめ。淡路産の牛肉を使用しているためコクも感じられる、スパイスを効かせた本格的な逸品!

■ <岡崎・22時まで営業>本格四川料理をリーズナブルに!

旬の新鮮な材料を使用した本格派の四川料理の数々を味わえる「中国料理 龍門 岡崎店」。炒め物、揚げ物、焼き物など豊富なメニューは辛さが表示されているので、辛い料理が苦手な人も安心。京都人はもちろん、全国からの観光客にも愛されている。人気メニューは、プリプリの有頭エビの食感がたまらない「有頭エビの四川風炒め」(1000円)。辛味が少なく、殻まで食べられカルシウムもいっぱい!子供にもおすすめの逸品だ。

■ <東山・24時まで営業>花街の町家で味わうお手ごろごはん

祇園の花街にある「祇園 晩餐 京色」は、京色の4店目となる店で、七谷赤地鶏、天ぷら、おでんの3種を看板に掲げ、素材にこだわった京の和食を展開。テーブル席や掘りごたつ式の半個室もあり、さまざまなシーンに重宝する一軒だ。「焼き鳥盛り合わせ4種」(1100円)は、モモ、ズリ、ムネ、せせりの串焼き4種盛り。その日の海鮮と野菜の「いろいろ天ぷら盛り合わせ」(2000円〜)は、必ず食べておきたいメニューのひとつだ。【関西ウォーカー編集部】