2017年に公開される予定のキングコングシリーズ新作「Kong: Skull Island」は、ゴジラとキングコングが共演する「Godzilla vs. Kong」に続いていく作品であり、これまでの映画以上にキングコングが巨大化しています。現地時間の2016年11月16日に公開された最新予告編では、第1弾トレーラーでは明らかでなかったキングコングの全貌とともに、キングコング以外の生物までが巨大化して襲ってくるという、オリジナルの「美女と野獣」系のストーリーとは違った雰囲気が明らかになっています。

BRAND NEW EXCLUSIVE - Kong: Skull Island Trailer - YouTube

「これが南太平洋のある島の写真だ」ということで舞台は1970年代のアメリカ。神話の中にだけ存在すると考えられていた島が現実にあることがわかり、生物の探索が行われます。



ヘリで島に出発。





軽快な音楽とともに島の上空を飛行していたのですが……



「あれは猿か?」と操縦士がいぶかしげな表情を浮かべた次の瞬間……



前方から飛んできたヤシの木に衝突してヘリが落下



突如現れた巨大な「猿」に、乗組員たちはパニック状態









辺りは火の海と化します



襲撃後、岩山には血でできた巨大な手形



キングコングの攻撃から逃げ切り、地上に降り立った乗組員たちは現地の部族と対面します





互いに臨戦態勢ですが……



部族の背後から「わーわーわー」と間の抜けた声が聞こえてきました



突如現れ「君たちは友だちだ。銃を下ろして」と語りかけるヒゲの男性



そして男性に案内される形で、部族の村へと案内されます。



そこで先ほどの「猿」が島の「王」としてあがめられていることを知る乗組員たち



水辺を歩くキングコングの立ち姿から、これまでの作品にないほどの巨大さがわかります。





島にはキングコングサイズの巨大な骸骨。これがタイトルの「Skull Island」につながっているようです。



巨大な骸骨の周りを逃げ惑う人々



現れたのはキングコングではなく、恐竜のような巨大トカゲ





島ではキングコング以外の生物たちも巨大化しており、乗組員たちに襲いかかります

























なお、「Kong: Skull Island」の全米公開は2017年3月10日、日本での公開は3月25日が予定されています。