チョン・ジヒョン&イ・ミンホ主演「青い海の伝説」20日にディレクターズカット版を放送…未公開の8分を追加

写真拡大

「青い海の伝説」の第1〜2話のディレクターズカット(監督版) が放送される。

16日韓国で放送がスタートしたSBS水木ドラマ「青い海の伝説」は第2話が放送された17日、視聴率20.1%(TNMS、ソウル首都圏基準) を記録し、水木ドラマ1位を獲得した中、視聴者の反響に感謝の気持ちを込めて、第1話と第2話の「ディレクターズカット」の放送を確定した。

20日日曜日午後2時20分から4時50分まで150分間公開される第1〜2話のディレクターズカットでは、本番では公開されなかった内容がそれぞれ8分ずつ含まれる予定だ。

現在「青い海の伝説」は放送と共に視聴者から熱い反響を得ている。第2話で人魚役のチョン・ジヒョンと天才詐欺師役のイ・ミンホの究極のビジュアルに、息ぴったりのケミ(ケミストリー、相手との相性)、そして眼を見張るような美しいスペインの風景が視聴者を魅了した。連日オンラインとオフラインではドラマに対する好評が相次いでいる。

「青い海の伝説」の関係者は「11月20日放送されるドラマの第1話と第2話のディレクターズカットでは、未放送分が追加されるので、本番で観た視聴者の方々にも新鮮な楽しさを感じていただけると思う。何より視聴者たちからの身に余る愛のおかげで、制作陣と俳優たちもさらに元気を出して撮影しているので、今後の放送にも多くの関心と声援をお願いしたい」と伝えた。