17日、米議会諮問機関はこのほど年次報告書を提出、中国国有企業による米企業の買収禁止を提案した。資料写真。

写真拡大

2016年11月17日、環球網によると、米議会諮問機関は中国国有企業による米企業買収禁止を提案した。

16日付ロイター通信によると、米議会諮問機関である米中経済安全保障調査委員会(USCC)は年次報告書を提出、中国国有企業による米企業の買収禁止を提案した。中国政府は安全保障上の目的から国有企業に米企業を買収させていると指摘している。

具体的には外国企業による買収を認可する対米外国投資委員会(CFUIS)に関する法律を改正するべきだと提言した。USCCのデニス・シェイ委員長は記者会見で「中国の国有企業は政府の手先」と断言し、警戒感をあらわにした。(翻訳・編集/増田聡太郎)