「力道妖精キム・ボクジュ」ナム・ジュヒョク、イ・ソンギョンに“おい、デブ!”

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「おい、デブ!」

イ・ソンギョンとナム・ジュヒョクが再会した。

韓国で17日に放送されたMBC「力道妖精キム・ボクジュ」(脚本:ヤン・ヒスン、キム・スジン、演出:オ・ヒョンジョン) では、ボクジュ(イ・ソンギョン) が小学校時代のクラスメートだったことを思い出し、「デブ」とからかうジュンヒョン(ナム・ジュヒョク) の姿が描かれた。

ボクジュとジュンヒョンは小学校時代のクラスメートだった。当時ボクジュは太っていて、ジュンヒョンはガリガリだった。

ボクジュは先にジュンヒョンに気づいたが、知らないふりをした。結構かっこよくなった彼が自身の過去に気づくことが怖かったのだ。

しかし結局ジュンヒョンはボクジュに気づき、過去のあだ名を呼びながらからかい続けた。たまりかねたボクジュは彼に頭突きをした。