ゆうちょ銀行及び日本郵便は2017年1月下旬(予定)から、Visaプリペイドカード「mijica(ミヂカ)」決済の試行を実施する。

この試行では、「mijica」を仙台市内及び熊本市内の中心部商店街、小売店などの地域で発行。地域経済活性化への貢献や、キャッシュレス決済の拡大を目指すという。試行地域内の提携店には、Visaカード取扱店のうち、主に中心部商店街、日専連ファイナンスが参加している。順次、提携店は増える予定とのこと。

「mijica」という名称には、最も身近な金融機関を目指すゆうちょが提供する身近な街で、おトクに使えるプリペイドカードという意味が込められている。

中学生をはじめとして、ゆうちょのキャッシュカードを保有している12歳以上であれば誰でも利用でき、世界中のVisaカード取扱店での買い物が可能なほか、仙台市内あるいは熊本市内の提携店舗では利用ポイントの優遇特典等が受けられる。また、提携店のセール情報等を利用者にメール配信、プリペイドカードによる買い物に連動した、おこづかい・家計簿アプリの配信も予定している。

またカードは安心・安全機能として、カード利用通知メール、会員サイトからのカードロック/解除、紛失・盗難の場合の再発行などを備えている。