18日、参考消息網によると、韓国で朴槿恵大統領の退陣を求める国民の強い声が上がる中、韓国外交部の報道官は、「朴大統領は来月開催予定の日中韓首脳会談に出席する」と発言した。資料写真。

写真拡大

2016年11月18日、参考消息網によると、韓国で朴槿恵(パク・クネ)大統領の退陣を求める国民の強い声が上がる中、韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は、「朴大統領は来月開催予定の日中韓首脳会談に出席する」と発言した。

会談は来月、東京で開催される予定だが、日程はまだ確定していない。趙報道官は17日に「日程が決まれば大統領は出席する。欠席すれば外交上の損失が生じる」とコメント、尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は同日の国会外交統一委員会の全体会議で「日本は韓国と中国に日程に関する提案を行い、意見の聞き取りを進めている」と述べた。

朴大統領は16日から2日連続で高官の人事調整を行っており、22日の国務会議を自ら主宰することも検討しているという。崔順実(チェ・スンシル)氏への情報漏えいが問題となってから5週続けて同会議を取り行ってきたのは黄教安(ファン・ギョアン)首相。韓国メディアの報道を引用してこれらの情報を報じた参考消息網は、「朴大統領が内政、外交に復活しようとしている動きが報じられた」と伝えた。(翻訳・編集/野谷)