男性高校生への“エロ目線”は増えている!?話題の漫画家の野望

写真拡大

【地球のお魚ぽんちゃんインタビュー 第3回】

 今、ツイッターで話題沸騰中の「地球のお魚ぽんちゃん」をご存知でしょうか? コミック本にもなった自作の漫画「男子高校生とふれあう方法」で披露する狂おしいまでの男子高校生愛や、毎日投稿されるシュールなネタで、現在5万フォロワーを突破する人気を誇るぽんちゃん氏。そんな彼女を直撃しました!

◆「真人間」なんていない

――ところで、ほかにもツイッターで面白い作品をたくさんアップしてらっしゃいますよね。どれも独特な世界観を感じさせますが、ぽんちゃん様の創作の根底にあるものはなんでしょうか?
ぽんちゃん:創作の根底ですかー。ひとことで言うと「不条理」ですかね。今までの人生、色んな人間に出会ってきましたが、一点も非の打ちどころのないまともな人なんていませんでした。よく「真人間」とか言うじゃないですか。可もなく不可もなく、普通な人。そんな人この世にいないと思うんですよ。

 まともで真面目で、人当たりもよくルックスも普通。こういう人ってパッと見では真人間っぽいですけど、すっごい変なセックスとかしてるかもしれないじゃないですか。偏見ですけど。そういうところに「不条理」を感じるんですよね。それが面白さだと思うんです。

 人間が存在すれば、予定調和に進むことなんて何もないんだぞっていうのは常に思っていて、だから4コマ漫画でも突拍子のない展開になりがちだったりするんです。人間のちょっと変なところを切り取って、メチャクチャに誇張して描く。理屈で言うとそんな感じですが、実際は何も考えてなくて、パッと思いついたままに身を任せているだけです(笑)。その思いつきも、私の中にある不条理さだと思っていますけど。

◆男性高校生への“エロ目線”は増えている!?

――アップするときはどんな気分で行ってらっしゃいますか? また、これまでの反響の中で、印象に残るのものがあれば教えて下さい。

ぽんちゃん:ツイッターにあげる時は、もうメチャクチャに緊張してます。「ツイートする」ボタンクリックするだけで心拍数上がりますよ! 1ページ漫画でも、構想から描き上げるまでに何時間もかかるので「時間かけたわりにウケなかったらどうしよう」とか常に考えてしまうからですね……タイムラインに人が多い時間を狙ったりとか、意外と姑息なことしてるんですよねー。

 反響の中で印象に残っているのは、「男子高校生とふれあう方法」に対して「実践してみようと思います!」というコメントです。絶対実践しちゃダメですよね(笑)! でも、男子高校生とふれあおうとする意図ではなくて、純粋に面白がってくれて漫画の中のポーズを真似して写真やプリクラで送ってくれたり、そういうのも本当に嬉しいです! あと、最近結構いただいて嬉しいのが「私も男子高校生に目覚めました!」という感想ですね(笑)。

――ぽんちゃん様のように、人知れず男子高校生にエロ目線を送る女性は増えているんでしょうか?

ぽんちゃん:増えていると思います! よくツイッターでも、私に共感してくれたり、いかに自分が男子高校生を好きか披露してくれる女性の方も多いので(笑)。男子高校生の素晴らしさにやっと気づいてくれた! って思いますね。

 この世にどんどん男子高校生好きな人が増えることで、男子高校生という存在のレベルが上がり、さらに男子高校生好きが増える……そういう図式を夢見ています!
<TEXT/安英玉>