<大王製紙エリエールレディス 2日目◇18日◇エリエールゴルフクラブ松山(6,474ヤード・パー72)>
 愛媛県のエリエールゴルフクラブ松山にて開催中の国内女子ツアー「大王製紙エリエールレディス」の2日目。全選手がホールアウトし、トータル15アンダーまでスコアを伸ばしたテレサ・ルー(台湾)が単独首位に躍り出た。
ビッグスコア連発!熱戦の2日目の模様をリアルタイムで配信中!
 
 テレサは7番ホールからの5連続バーディを含め、この日10個ものバーディを奪取。昨日、原江里菜がマークしたコースレコードを1打更新する“62”のビッグスコアでリーダーボードを駆け上がった。
 2打差2位に森田遥、3打差3位に原江里菜、4打差4位タイに下川めぐみ、大山志保、菊地絵理香、キム・ハヌル、全美貞(韓国)が続いている。また、賞金女王戴冠を狙うイ・ボミ(韓国)はこの日4つスコアを伸ばし、トータル6アンダー16位タイまで浮上している。
 現在賞金ランキング68位、今大会で優勝し同ランク50位に入らなければ来季のシード権を失う森田理香子は、この日5バーディ・2ボギーとスコアを3つ伸ばしたが、カットラインの50位には2打届かず60位タイでフィニッシュ。ルーキーイヤーの2009年から7年間続いていた賞金シードを手放す結果となる、無念の予選落ちとなった。
 賞金ランク51位の香妻琴乃もトータル1アンダー60位タイでホールアウト。決勝ラウンド進出はならず、賞金シード獲得には至らなかった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>