「アイ・アム・冒険少年」の番組MCを務める岡村隆史(中)、田中直樹(右)、川島海荷(左)/(C)TBS

写真拡大

11月21日(月)夜7時56分から「アイ・アム・冒険少年」(TBS系)の3時間スペシャルが放送される。

今回の放送では番組恒例企画「脱出島」のほか、新企画「冒険シェフ」が始動。初回は、哀川翔とKis-My-Ft2の横尾渉がサバイバル料理対決を行う。収録後、番組のMCを務める岡村隆史、田中直樹、川島海荷の囲み取材が行われた。

――今回の収録を終えた感想をお願いします。

岡村:今回は料理する新しいコーナーもあって、ちょっとピリッとした場面もあったと思うんですけど本当においしかったですね。今回、「脱出島」に関してはヤバイ人が映ってます(笑)。

田中:新企画の「冒険シェフ」はガチの勝負で、思わずのめりこんで見てしまいました。(哀川)翔さんが料理人のコスチュームされていたのですがソルジャーに見えましたね(笑)。気持ちも伝わってきて見応えもありました。

「脱出島」も回を増すごとにいろんなスケールがアップしていて…。今回は放送コードに引っかかるんじゃないかというくらい衝撃的な猛獣除けのダンスがあるので、オンエアの時にカットされてないといいなと思います(笑)。

川島:新しい企画の「冒険シェフ」は、タイトルから平和な感じを想像したんですけど、やっぱり過酷でしたね。食材を獲るところから始まるっていう、この番組ならではの課題が付きもので。翔さんと横尾(渉)さんの料理に対するこだわりが伝わってきました。お二人の意外な一面も見られる映像になったと思います。

脱出島は恒例企画ですが、今回は特にキャラが強い方が集まりましたね。今回はペアだったので、とてもボリューミーでした。

――サバイバルで勝ち残るために、必要不可欠だと思うことを教えてください。

岡村:根性と知識! あばれる君は3回目だったので、火起こしや水の確保の仕方とかすごかったですね。今までは、余裕なかったのが最近は余裕もできてきて…。その知識を身につけておければ、全然違うと思います。

田中:メンタル面のバランスのとり方が重要なんではないかと思います。ポジティブだけでもネガティブだけでもダメだと思います。怖がることも大切さですよね。怖がることで慎重になるので大事だと思いますね。

川島:気合と体力ですかね。女性は男性より筋力がないから、なかなか不利な部分はあると思うんですけど。最後まで諦めないためには体力が必要だと思うので…。ある程度鍛えてから行ったほうがいいのかなと思いました。もし私が行くときは2カ月くらい前に言ってほしいですね(笑)。ジムで鍛えてから行きたいです!