ドイツで掘ったニンジンから結婚指輪(出典:http://www.wideopencountry.com)

写真拡大

「3年前、自宅のどこかで結婚指輪を失くしてしまった」と言って途方に暮れていた高齢の男性。実は指輪は庭で落としていたもよう。思わぬところから思わぬ姿で指輪が発見されたことをドイツのメディア『WDR』が伝えている。

ボンにも近いバート・ミュンスターアイフェルに暮らす82歳の男性。彼は3年前、気づかぬうちに結婚指輪を紛失してしまい、「金婚式を無事終えた夫婦とはいえ妻に申し訳が立たない」と言ってずっと落ち込んでいた。だがこのほどその指輪がひょんなところから見つかったという。

自宅内のどこかに置き忘れたまま失くしてしまったと信じていた男性だが、実は裏庭で畑仕事をしている最中に指輪はスルリと抜け落ちていたもよう。このほど土の中からニンジンを掘ったところ、何かがキラリと光った。まさにそれは男性が探し求めていた指輪であり、それが絡みついていた部分だけニンジンはレンコンのように細くくびれを作っていたという。

真っ先に愛する妻にそれを報告したい男性。しかし指輪の行方がわからないまま妻はなんと数か月前に他界していた。妻も結婚指輪も失い悲しみに暮れている夫。それをわかっている天国の妻が、ひょっとしたら畑に不思議な魔法をかけておいてくれたのかもしれない。

出典:http://www.wideopencountry.com
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)