U-20ワールドカップ・グループBの首位攻防戦となった第2戦のスペイン。パスサッカースタイル同士の対決は0−1でスペインに軍配が上がった。

 スペインは日本にとって、因縁の相手だった。2014年、U-17女子代表は世界を制した。そこから今大会には8名がU-20女子代表として決戦の地に降り立っている。スペインは当時、グループステージ初戦と決勝で日本と戦い、いずれも日本に苦汁をなめさせられている。もちろんスペインもその際のメンバーが多く今大会に招集されている。日本に雪辱を果たすべく、スペインのモチベーションは高かった。

 日本封じとして、まずスペインが徹底していたのが素早いプレス。16時キックオフの暑さをものともせず、開始から球際へのアプローチが厳しかった。その対応に慌てた日本は、終始後手に回ってしまった。連係が効かなくなることで互いの距離が開き、サポートの出足も遅れる。まさに悪循環に陥ってしまっていた。

 なんとかゴールをこじ開けようと、スタメンに抜擢された西田明華(セレッソ大阪レディース)が遠目からシュートを放ち、籾木結花、長谷川唯、隅田凛の日テレ・ベレーザのコンビネーションでゴールを脅かす。それでも前半はどこかかみ合わずに終わってしまった。

 後半、初戦でハットトリックを達成した上野真実(愛媛FCレディース)を投入し、攻撃に変化を加えようとする高倉監督の狙い通り、ようやく日本らしい攻撃が見られるようになった。しかし、続けざまに展開することができないまま時間だけが過ぎていく。

 そして81分、FKをクリアしようとした羽座妃粋(はざ ひすい・日体大FIELDS)がハンドを取られてPKを献上。意図的なものではなかっただけに不運としか言いようがない。これを決められて0−1とされ、結果としてこのPKが決勝点となったが、敗因は他にもある。

 高倉監督の言葉を借りれば、「ゲームコントロールをされた」ということになる。シュート数では日本がスペインを上回っているものの、実際にはスペインのプレーが印象に残る。ボールの奪いどころを明確にすることで、球際の争いはほとんどスペインが勝っていた。これはフィジカル云々の問題ではない。主導権を握りながら攻撃を組み立ててきた日本は、長く逆境に立たされる展開に慣れていないことも焦りを招いた。

 個の持つ力が多彩であることも魅力ではあるが、そのなかでも率先して舵を切り、切り替えを図れる存在が必要だ。何かのきっかけひとつで流れは変わるもの。自分たちのスタイルを変えることなく、臨機応変に引き出しを増やすことはできるはずだ。この世界大会の1戦ごとのチャレンジが大会終了後の成長に直結する。計算できない伸びしろこそ、この世代の醍醐味なのではないだろうか。

 そこで注目したい選手がいる。この試合で苦しめられた1人、ボランチの隅田だ。

「ミスマッチが出るかもしれない」──試合前、隅田はこう感じていた。スペインは中盤の下がり目に位置するパトリシア・ギハロを含む3枚に対して、ボランチ2人でケアをしなければならないという数的不利な状況が生まれることはわかっていた。トップの1枚を下げてコンパクトな守備を組み立てていくはずだった。ところが、あまりにもスペインのプレスが速いために、守備でハメ込む前にボールをキープすることができず、攻守において後手を踏むことになった。

 体の大きい相手に対する間合いは自主的に向き合ってきた。2013年、隅田は飛び級でU-19女子代表としてアジア予選を戦ったが、日本はU-20女子ワールドカップの出場権を獲得できずに4年間の空白が空いた。これが世界大会への渇望につながっていった。

「やっとここ(ワールドカップ)に来た」と、初戦では攻守に躍動したが、スペイン戦ではプレーを消されてしまった。日本が数的不利をカバーしようとした動きを逆手に取られる形で、日本の十八番である連係を断ち切られてしまった。

「球際で負けてしまっていた」と悔しさを滲ませた隅田。それでもプレスをかいくぐりながら、相手DF裏を狙うボールを配給するなど、もがきながらも活路を見出そうとしていた。

 高倉麻子監督は日ごろから、「個でダメだから組織力に逃げることはしたくない」と話している。隅田もそうやって個を上げてきた大会だっただけに、対応できなかったことに反省しきり。個で対応できない時間帯があれば、そこは組織力で補ううちに再び個が生きてくることもある。何より、隅田は"敗退"がもたらすその後の苦しみを知っている。いま一度、目指すべき形を見つめ直すときに、彼女のような存在は貴重だ。

 日本の敗戦と、ナイジェリアがカナダを下した結果を受けて、グループBはノックアウトステージ進出国決定が最終戦にまでもつれ込んだ。日本が次のカナダ戦で勝利し、上り調子のナイジェリアがスペインを下すようなことがあれば、首位通過の可能性も残されている。まずは、自分たちのプレーを再度見つめ、カナダ戦を制すこと。再び世界を獲るには、何をすべきか足元を見る必要がある。挑戦者としてリスタートを切ることができれば、ヤングなでしこたちは次なる高みへ進むことができるはずだ。その力は十分に兼ね備えている。

早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko