空き地に違法駐車したら“ゴミだらけの刑”

写真拡大

ときに駐車場を見つけるのは困難なものだが、中国ではこのたび、ゴミ集積所近くに違法駐車した車が“ゴミだらけの刑”に処される出来事があり、話題を呼んでいる。持ち主は車を移動しようにも移動させることができず、自腹でフォークリフトを借りてゴミを撤去するしかなかったという。

中国メディア・大河網などによると、この一件は11月1日、河南省鄭州市のゴミ集積所でのこと。同日20時ごろ、20代のAさんは友人と食事をするために車をゴミ集積所の空き地に駐車。そのまま車を離れてレストランに向かった。

すると、食事を終えて戻ったときに悲劇に遭遇する。愛車のSUVは大量のゴミに埋もれ、まったく身動きが取れない状態。現場のゴミ清掃員は怒った口調で「どうして連絡先を残さなかったんだ」とAさんに詰め寄ってきたという。

清掃員の話では、これらの大量のゴミはすべて近場の団地から運ばれてきたもので、ゴミ収集車は一度集めてきたゴミを下ろすと、すぐにまた収集に向かわないといけない決まりになっていた。つまり、これは報復の類いではなく、作業の流れ上いちいち確認しないため、違法駐車した車がゴミに囲まれるのは仕方のなかったこと、というわけだ。結果、Aさんが車から離れていた3時間ほどの間に、ゴミは積もりに積もってそのような状態になってしまった。

最終的にAさんは1,100元(約17,000円)を自腹で支払い、フォークリフトを呼んでゴミを撤去してもらったそうだが、結果からすると割に合わない“違法駐車”となったようだ。