金正恩氏

写真拡大

韓国の統一省は今月13日、韓国入りした脱北者の累計が3万人を超えたと発表した。2006年2月に1万人、2010年11月に2万人を超えたことから考えるとペースはやや落ちたが、今年の1〜10月までの入国人数1155人は、昨年と比べ18%増となっている。

ひとくくりに「3万人」というが、その内訳は様々だ。1983年にミグ19戦闘機に乗ったまま韓国に来た李雄平(リ・ウンピョン)大尉のような人物もいれば、1994年に政治犯収容所の現役警備兵として、スパイ作戦さながらに韓国入りした安明哲(アン・ミョンチョル)氏もいる。1997年に亡命した金正日総書記の側近・黄長※(ファン・ジャンヨプ)書記も脱北者である。(※=火ヘンに華)

軒を連ねる性風俗店

他方、中国の農村に人身売買で売られた後で脱出した北朝鮮女性もいれば、中国で捕まり北朝鮮に送還され拷問を受けるもあきらめず、数度の挑戦ののち脱北に成功し、金正日・金正恩氏の人権侵害を告発する運動家になった人も少なくない。

最近になっては、韓国定着のための施設で「出稼ぎに来た」と脱北の理由を公然と語る若者もいる。3万人にはそれぞれ、ドラマがある。

脱北の動機も変化してきた。韓国統一省の調査によると、経済的な理由から脱北を決意した脱北者の割合は年々低下している。また、北朝鮮での生活水準が中級もしくは上級であったと答える脱北者の割合も、2005年までの13.7%から、2014年から2016年にかけては66.8%に伸びた。

だが、そんな脱北者たちにとって韓国での生活は簡単ではない。統一省と脱北者定着支援機関が2016年に行った調査によると、脱北者の平均月収は一般韓国人の3分の2にとどまる。また、自らを「社会の下層だ」と評価する脱北者は61%にのぼった。一方で、月収は5年前と比べ約30万ウォン増えるなど、改善も見られる。

では、皮膚感覚ではどうか。デイリーNKジャパンの記者たちも韓国へ行くたびに脱北者と接触しているが、正直なところ、「まだまだ厳しい」と言わざるをえない。

脱北者全体の7割以上を占める女性の生活は特に苦しい印象を受ける。

ソウル市から1時間ほど離れた京畿道(キョンギド)の某所に行くと、2〜30代の脱北女性が客と食事をし、カラオケを歌い、体を売る店が軒を連ねている。女性に話を聞くと「お金が無ければ生きていけないが、他にできることはない」と投げやりな表情で語る。

これまでも指摘してきたことだが、脱北女性は中国にいる際にも人身売買や性的虐待を受けるなど、ひどい人権侵害にあってきた。

そんな女性たちが生活や自由のため、逃げ延びた先の韓国でまで、自ら体を売る状況に陥っているとは皮肉を超えて悲劇ともいえる。人権の概念すら知らず、性的搾取を受けていた北朝鮮での生活と変わらない。男性も同様だ。学歴社会の厳しい韓国で、30代以上かつ低学歴の脱北者に残されたのは肉体労働しかない。

(参考記事:コンドーム着用はゼロ…「売春」と「薬物」で破滅する北朝鮮の女性たち

その背景には、韓国人でさえ苦しむ超格差社会のいびつな経済構造がある。ただ、北朝鮮で得た学位を条件付きで認定するなど、ある程度は政策的に救済できるはずなのに、放置されているのが現状なのだ。また、偏見もあって韓国社会からも疎外されている彼ら彼女らは、改革を叫ぶ騒がしいデモとも無縁で、生活のために黙々と働き続けている。

故郷を捨てて韓国に来たが報われない。「脱北者なんてそんなものですよ」と吐き捨てたある脱北女性の無念の表情が忘れられない。これが、「統一」を国是に掲げる韓国の現実である。