写真提供:マイナビニュース

写真拡大

トレンドマイクロは11月18日、AI技術による「機械学習型検索機能」を搭載した企業向け総合セキュリティソフトの新バージョン「ウイルスバスター コーポレートエディション XG」を2017年1月下旬より提供開始すると発表した。

同社ではクラウド型セキュリティ技術基盤 「Trend Micro Smart Protection Network(以下、SPN)」において、1日に50万の新しい脅威を発見しており、新たに搭載するAI(人工知能)技術による「機械学習型検索機能」では、これらの情報をもとに複数のアルゴリズムを用いて、EXEやdllなどファイルタイプ毎に適した学習モデルを使い分ける。

そのほか、新バージョンではサンドボックス連携による標的型サイバー攻撃対策の強化(侵入後の対策強化)。万が一PCに不審なファイルが侵入した際に、ネットワーク型脅威対策製品「Deep Discovery Analyzer」へファイルを送信し、サンドボックスによるファイルの検査を行う。そして、不正なファイルと判断した場合、該当のファイルを駆除するためのカスタムシグネチャが自動的に生成され、PC内の不正なファイルを駆除。カスタムシグネチャは、ファイルが実行された際にアクセスする不正なURLやIPアドレスへの接続もブロックするという。

また、セキュリティポリシーの均一化も行い、出張中や持ち出し中など社外にあるPCのセキュリティ状況を把握/管理する機能を提供。社内ネットワークに接続されていないPCにおいても、システム管理者がパターンファイルの更新状況や感染状況の確認、カスタムシグネチャの適用が可能となる。

参考価格は税別2,980円(1年間のスタンダードサポートサービス料金を含めたウイルスバスター コーポレートエディションPlus 1ライセンス(1000ライセンス購入時))。

(丸山篤)