写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ベンチャーリパブリックは11月17日、今冬の旅行計画に関するアンケート調査の結果を発表した。調査は10月3日〜31日、同社旅行情報サイト「トラベルjp」のユーザー1,394名を対象に、インターネットで行われた。

○冬の旅行は国内7割、海外1割

今冬の旅行予定を聞くと、「1泊以上の国内旅行」(48.4%)が最も多く、次点の「日帰りの国内旅行」(16.9%)を合わせると、「国内旅行」が7割弱を占める結果に。さらに、「海外旅行」を予定している人(11.1%)を足すと、具体的な旅のプランを練っている人は8割近くにのぼった。

一緒に旅をする相手としては、「恋人・夫婦」(34.5%)や「子供を含む家族・親戚」(23.3%)、「1〜2人の友人・同僚」(15.5%)が多く、夏の旅行ランキングと同様の結果に。そんな中、「1人」(9.4%)という回答に限っては、夏よりも多い結果となった。

○国内での冬の旅行、予算3〜5万が最多

次に、国内における冬の旅行について調査を実施。まず、1人あたりの予算について聞くと、「3〜5万円未満」(24.5%)が最多に。以降、「2〜3万円未満」(22.9%)、「1〜2万円未満」(20.5%)と続いた。

「旅の目的」については、「温泉」が1位を獲得。そのポイント数は夏の約2倍となる38.8%。2位は、カニなど冬ならではの味覚が楽しめることもあって「グルメ」がランクインした。

国内旅行の「行き先」のTOP5は、1位「札幌」、2位「京都」、3位「東京ディズニーリゾート」、4位「東京」、5位「函館」となった。

○海外での冬の旅行、台湾が最も人気

一方、海外での冬の旅行における「一人あたりの予算」では、「10〜20万円未満」(33.9%)が1位に。以降、「5〜10万円未満」(26.6%)、「20万円以上」(23.7%)と続いた。

「旅の目的」としては、「世界遺産・歴史的建造物・遺跡」が最も多かった。2位は「海・ビーチリゾート」で、寒い日本を抜け出してあたたかいところで過ごしたいと考えている人が多いよう。

「行き先」として一番人気となったのは、「台湾」だった。夏で1位だった「ハワイ」は2位となり、以降、「アメリカ」「グアム」「オーストラリア」と続いた。

(CHIGAKO)