「第58回日本レコード大賞」受賞者を発表!K-POPアーティストから2組選出…BIGBANG&iKONがノミネート

写真拡大

BIGBANGが、日本レコード大賞で特別賞を受賞する。

18日、スポニチなどの日本のマスコミ報道によると、第58回日本レコード大賞審査委員会は前日東京で各部門の受賞者を発表し、BIGBANGがRADWIMPS、THE YELLOW MONKEYなどと共に特別賞に選ばれたと明かした。

BIGBANGは2009年、2010年に日本レコード大賞でそれぞれ新人賞と最優秀新人賞、優秀作品に選ばれたことがある。

日本レコード大賞は、日本作曲家協会が毎年優れた業績をあげた歌手やグループ、アルバムを選定し、授賞する授賞式で、最優秀アルバム賞には宇多田ヒカルが8年ぶりに発売したアルバム「Fantome」が選ばれた。

また最優秀新人賞の候補となる新人賞には、韓国ボーイズグループiKONらが選出された。他に特別話題賞にはお笑いタレント兼DJピコ太郎の「PPAP」が選ばれた。授賞式は12月30日、TBSで生中継される。

BIGBANGは今月5日の「BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 -THE FINAL-」東京ドーム公演を皮切りに大阪、福岡、名古屋をつなぐドームツアーを開催している。