2016年11月18日より一般公開となるロサンゼルスオートショーにて、スバルが次世代フラッグシップとなる大型SUVのコンセプト「SUBARU VIZIV-7 SUV CONCEPT」を世界初公開です。

1

「Vision for Innovation」から生まれた「VIZIV(ヴィジヴ)」という名前は、スバルの次世代コンセプトカーに共通するものですが、そこに「-7」と付いていることからもわかるように、このコンセプトカーは7シーターの3列シート仕様となっています。

ゆったりとしたキャビンを実現するために、ボディサイズは全長5200mm・全幅2030mm・全高1860mmとスバル史上最大級。ホイールベースは2990mm、タイヤサイズは265/55R21と、シャシーも別格のサイズ感です。

また、フロントウインドウ上にはステレオカメラのイメージが確認できます。フラッグシップの登場に合わせて、スバルの特徴でもあるEyeSight(先進安全装備)の進化も期待されます。

なお、このコンセプトカーが示す次世代のフラッグシップSUVコンセプトは、2018年に北米市場に投入される3列シートのミッドサイズSUVにつながるということです。

(山本晋也)

スバル史上最大サイズのフラッグシップ・コンセプトがデビュー【ロサンゼルスオートショー16】(http://clicccar.com/2016/11/18/418286/)