17日、中国で問題となっているスマートフォン「iPhone6」「iPhone6s」のトラブルをめぐり、アップル社側は現時点では部品交換に応じないとの構えを示している。資料写真。

写真拡大

2016年11月17日、澎湃新聞によると、中国で問題となっているスマートフォン「iPhone6」「iPhone6s」のトラブルをめぐり、アップル社側は現時点では部品交換に応じない構えを示している。

この問題は「バッテリー残量が50〜60%の状態で勝手にシャットダウンする。シャットダウン後は充電器につながない限り電源をつけることができない」というもので、中国消費者協会と上海市消費者権益保護委員会(上海消保委)がすでに介入している。同協会は今月15日までにこの件に関する書面での問い合わせをアップル中国法人に行っており、上海消保委は「問題を訴える消費者について、アップル側はバッテリー交換を承諾した」と表明。しかし、17日の段階で上海市内の店舗関係者は「交換を行ってよいという連絡を受けていない」などと説明、客からの交換依頼を拒否するという対応を取っていた。

この件に関して業界関係者の1人は「中国国内のiPhone6、iPhone6sユーザーは相当な数に上り、同じ問題を訴える人も多い。バッテリー交換に応じるとなると大きな損失が出ることは明らか」と話している。(翻訳・編集/野谷)