再上映が決定

写真拡大

 ロック歌手の故デビッド・ボウイさんの世界観やキャリアを総括した大回顧展「DAVID BOWIE is」のクロージングナイトを収録したドキュメンタリー「デヴィッド・ボウイ・イズ」が、大回顧展の日本開催を記念して再上映されることが決定した。

 映画では、キュレーターであるビクトリア・ブロークスとジェフリー・マーシュが、ボウイさんの衣装、音楽、映像など、キャリアを網羅する300点以上の貴重な展示品についてのストーリーを明かすほか、スペシャルゲストとして登壇した山本寛斎らが語ったボウイとの秘話を記録している。

 大回顧展は、2013年に英ロンドンのビクトリア・アンド・アルバート博物館で開催されて以来、世界9都市を巡回し、これまでに約150万人を動員。アジアでの開催国は日本のみとなる。ボウイさんの70回目の誕生日にあたる17年1月8日〜4月9日に、東京・品川の寺田倉庫G1ビルで開催される。

 映画「デヴィッド・ボウイ・イズ」は、17年1月7日から東京・新宿ピカデリー、大阪・なんばパークスシネマほか全国で上映。詳細は公式サイト(http://www.culture-ville.jp/about-dbi)で確認できる。