「愚行録」本ポスター (C)2017「愚行録」製作委員会

写真拡大

 妻夫木聡と満島ひかりが共演する「愚行録」の予告編が完成した。あわせて、「仕掛けられた3度の衝撃。あなたの日常が壊される。」「他人を語り、本性を現すのは、誰だ?」というキャッチコピーや、不適な笑みを浮かべる登場人物たちの写真が印象的な本ポスタービジュアルもお披露目された。

 第73回ベネチア国際映画祭のオリゾンティ部門に正式出品された本作は、「慟哭」などの傑作ミステリーで知られる貫井徳郎氏の直木賞候補小説を、石川慶監督が初メガホンをとって映画化。未解決の一家惨殺事件を追う雑誌記者・田中を通じて、理想的に見えた家族の裏の姿、ショッキングな秘密が明かされていく。

 謎めいた殺人事件の真相を追い求める田中役を妻夫木が演じ、秘密を抱える田中の妹・光子役を満島が扮するほか、小出恵介、臼田あさ美、市川由衣、松本若菜、中村倫也、眞島秀和、濱田マリ、平田満らが共演する。

 公開された予告編では、殺害された夫婦、学生時代の同期、元恋人、会社の同僚といった登場人物たちの関係性が示され、「俺のために動いてくれたお礼は、ちゃんとしてるよね?」「皆、愚かで空っぽなのに」「人間ってホンマ勝手な生き物やなあって思いますけどね」という各人のセリフによってダークな本性が露になっていく。また、満面の笑みを浮かべる光子に「秘密って大好き」という意味深な言葉がオーバーラップする場面や、意気消沈した表情を浮かべる田中が「悪魔みたいな生き物が、この世にはいるんです」と話すシーンを切り取るなど、ミステリアスな物語の期待をあおる内容になっている。

 「愚行録」は、2017年2月18日から全国順次公開。