YG、12月1日のカムバックを予告…“BIGBANGか?Sechs Kiesか?”

写真拡大

YG ENTERTAINMENTが12月1日に所属アーティストがカムバックすると発表した。

YGは18日午前、公式ブログを通じてカムバックの日付を公開したが、まだ誰がカムバックするかは公開していない。

「Who's Next?」と書かれた画像の中には3つの電球が写っている。真ん中にある電球の中で「Who's Next?」という文字が輝いている。

今年YGではBLACK PINK、2NE1のCL、MOBBなど様々なミュージシャンが活躍したが、これから発表する新しいプロジェクトがまだたくさん残っている。最近ミュージックビデオを撮影すると知らせたBIGBANG、12月にコンサートを開催するPSY(サイ)、9月に16年ぶりに新曲を発売し、カムバックコンサートを開催したことに続き、大邱(テグ)、釜山(プサン) ツアーを控えているSechs Kies、「思春記 上巻」を予告した楽童ミュージシャンなどがファンとの出会いを待っている。その他にも様々なサプライズプロジェクトを披露しているYGであるだけに、第3の新たなプロジェクトも予想できる。

このように様々な歌手のカムバックが予想される中、今回活動するミュージシャンとしてはBIGBANGとSechs Kiesが有力だ。YGの関係者は、OSENに「Sechs KiesとBIGBANGが新曲の作業を終えた。12月中旬になる前、いずれも活動を再開する計画だ」と伝えた。

Sechs KiesとBIGBANGは両者とも新曲の作業を終えたという。最近Sechs Kiesは札幌で、BIGBANGはソウルでミュージックビデオを撮影した。

Sechs Kiesはカムバックを控え、MBC every1「週刊アイドル」にも出演する予定で、精力的な活動を予告している。BIGBANGは昨年発表した「MADE」プロジェクトを締めくくる3rdフルアルバムの終盤作業に集中していたと知られた。

カムバックの主人公が誰になるにせよ、全てのファンがカムバックを待ち望んでいるだけに関心と期待が集まると見られる。