管理職におすすめの手帳は、180度パタンと開くリング綴じタイプPhoto:milatas-Fotolia.com

写真拡大

来年の手帳選びに悩むこの時期、中管理職やチームリーダーの人におすすめなのが、180度パタンと開くリング綴じタイプのもの。
その理由は、意外な活用法にあった。

リング綴じのA5サイズがおすすめ

 プレイングマネジャーにとって手帳とは、個人のスケジュール管理のみならず、マネジメントの観点でも欠くことのできないツールです。

 私がプレイングマネジャー時代に愛用していたのはリング綴じのA5サイズのスケジュール帳でした。

 アナログであることの重要ポイントは、リング綴じだということ。なぜならパタッと180度に開いた状態で置けるからです。

 それは常に今週のページが見開きの状態で私のデスクに置かれていました。
そしていつ、誰に見られても大丈夫なものにしていました。

つまり、この手帳の目的は「ガラス張りの見せびらかし」だったのです。

上司の手帳は基本的にオープンであるべき

 上司のスケジュールは、部下に対し基本的にオープンであるべき。

 チームで成果を出すために、自分の情報はできる限り共有しようと心がけていたのは、
次の理由からでした。

1.自分のスケジュール帳をオープンにすることで、部下に情報収集のための「リソース」として活用してもらう

2.それを踏まえて見てほしい情報は確信犯的に書き込み、「見せるマネジメント」を心がける

 プレイングマネジャーのような管理職は、上司と部下に挟まれている存在です。つまり、部下として上から共有された情報を、次のレイヤーである部下に伝えるのはプレイングマネジャーに求められる職責の1つです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)