ドウェイン・ジョンソン

写真拡大

人気カーアクション映画『ワイルド・スピード』シリーズのルーク・ホブス役で知られ、アメフト業界を描くドラマ『Ballers/ボウラーズ』に出演中のドウェイン・ジョンソン。元プロレスラーで筋骨隆々の肉体を誇る彼が、毎年恒例となっている米People誌の選ぶ「最もセクシーな男性」に選出されたことが明らかとなった。米E!Onlineなどが報じている。

ドウェインはサモア人とアフリカ系の混血で、People誌の「最もセクシーな男性」で非白人が選ばれるのは、1996年にアフリカ系俳優のデンゼル・ワシントン(『トレーニング デイ』)が選出されて以来、実に20年ぶりのこととなる。

「最もセクシーな男性」に選ばれたことについて、ドウェインが、ここまでたどり着くまで険しい道のりだったことを明かしている。ハワイの貧しい家庭で育った彼は、思春期に問題を起こして何度か逮捕されたこともあったが、家族に楽をさせたいと生活態度を改め、プロフットボール選手になろうと夢見る。しかし、NFL入りの夢は叶わず、財布に7ドルしか入っていないドン底生活を味わったこともあるという。

その後、ハリウッドに居住地を移したドウェインは、プロレスラーとしてWWEで活躍するように。そして、レスラーを引退した後は本格的に俳優に転身し、『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』や『ヘラクレス』などの映画に出演し、今では肉体派俳優として最も出演料が高い俳優の一人に数えられている。

そんな彼には出演作が目白押しで、人気ドラマシリーズを映画化した『Baywatch(原題)』や、『ワイルド・スピード』シリーズの最新作『Fast 8(原題)』など映画8本が待機中だ。(海外ドラマNAVI)