「真田丸」矢沢三十郎頼幸役の迫田孝也ら“真田カローズ”が群馬イベントに登場!/(C)NHK

写真拡大

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)の群馬ラストイベントが12月11日(日)に行われることが発表された。

【写真を見る】11月20日(日)放送では徳川からの和睦の提案に幸村(堺雅人)が徹底抗戦を主張!/(C)NHK

作中で真田家の家臣を演じる迫田孝也、高木渉、大野泰広によるユニット・真田カローズ(家老ズ)、題字を担当した挾土秀平が登場。司会は、“歴ドル(歴史好きアイドル)”の小栗さくらが務める。

東吾妻町は、真田家が治めた“旧沼田領”の一部に当たり、作中にも登場した岩櫃城があった場所。真田家ゆかりの地で、今回、群馬での「真田丸」関連ラストイベントが行われることになった。

「真田丸」はこれまでも各地でさまざまなトークショーを行ってきたが、矢沢三十郎頼幸役の迫田、小山田茂誠役の高木、河原綱家役の大野による“真田カローズ”は、息ぴったりのトークで多くのイベントを盛り上げてきた。作中でも、終盤に向けてそれぞれ見せ場を持つ彼らが、何を語ってくれるのか注目だ。

「2016ファイナル・トークショーin上州真田〜岩櫃より愛をこめて〜」は12月11日(日)、東吾妻町の「岩櫃ふれあいの郷 東吾妻町コンベンションホール」で行われる。応募方法の詳細は東吾妻町の真田丸・岩櫃公開ホームページで確認できる。