2015年12月3日にロサンゼルスで開催された「The Game Awards 2015」で、「Metal Gear Solid V: The Phantom Pain」がベストアクション/アドベンチャー賞を受賞したものの、コナミとの雇用問題から出席を阻止された小島秀夫監督ですが、2016年の「The Game Awards 2016」には問題なく出席する模様です。

Blocked From Attending Last Year, Hideo Kojima to Receive Award Next Month - GameSpot

http://www.gamespot.com/articles/blocked-from-attending-last-year-hideo-kojima-to-r/1100-6445534/

The Game Awards 2016については、同イベントの司会を務めるGeoff Keighley氏のツイートで発表されたもの。ツイートによれば、小島監督は「インダストリー・アイコン賞」に選ばれ、The Game Awards 2016でトロフィーを受け取るとのことです。



海外メディアがその年のベストゲームを選ぶという「The Game Awards」は、ゲーム業界で世界規模のイベントであり、受賞作品には毎年大きな注目が集まります。2015年のThe Game Awardsでは、小島監督の「Metal Gear Solid V: The Phantom Pain」がベストアクション/アドベンチャー賞を受賞したのですが、授賞式に登場したのは小島監督ではなく、海外版でスネークを演じた俳優のキーファ・サザーランド氏でした。以下のツイートから2015年の授賞式の様子を確認できます。



サザーランド氏がトロフィーを受け取った後に、司会のKeighley氏から「なぜ小島監督が授賞式に来られなかったか」について説明があり、それが「小島監督はもともと参加予定だったが、コナミの法務担当から『雇用契約に基づき、小島監督が授賞式に出席し賞を受け取ることは許可できない』という連絡があった」というものだったため、会場はブーイングの嵐に包まれました。

その後、小島氏は2015年12月15日をもってコナミとの契約が終了し、16日にSCE(現SIE)と契約。さらには新スタジオを設立し、記事作成現在はゲーム「Death Stranding」を開発中です。

なお、The Game Awards 2016は2016年12月1日に開催予定。最優秀作品賞の「GAME OF THE YEAR」には、「DOOM」「Inside」「Overwatch」「Titanfall 2」「Uncharted4:A Thief's End」の5タイトルが選ばれています。