IKKO

写真拡大

17日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)で、とんねるずの木梨憲武が、IKKOの所持する超高額毛皮コートの毛をむしり出す場面があった。

番組では「芸能人の家でプロの買取業者がお宝査定」と題し、とんねるずのふたりと、宮司愛海アナウンサーに加え4人のお宝鑑定士が、IKKOの自宅でブランド品や骨董品を査定した。

一同がクローゼットで査定を進めていると、木梨はその中でフェンディのロシアンセーブルの毛皮のコートを見つけた。IKKOが、2500万円で購入したと明かすと、一同驚愕。木梨も「車買えるじゃん」と驚いた。ロシアンセーブルとは、イタチ科のクロテンの毛皮を使ったもので、超高級品だという。

IKKOが毛皮をなでつつ「それでね、これはセーブルの中で一番いいとされてる…」と説明していると、木梨が毛皮を指で掴み、そのまま勢いよくむしり取ったのだ。

突然の出来事にIKKOは「あーーー!」「ちょ、ちょ、ちょっと、やめていただけますか!」と絶叫。しかし、木梨は「いいやつは、抜けないのかと思った」と笑いを浮かべつつ、さらに毛皮をむしった。

木梨と石橋貴明、宮司アナは大ウケしたが、IKKOは悲鳴をあげ続け「ちょっと気をつけてくださいよ…」と訴えていた。なお、このコートは、IKKOの希望で査定する場面もなく、買取を断念していた。

【関連記事】
野沢直子がとんねるずとの酷い仕事を振り返る「人の道を外れてる」
とんねるずが男気を発揮 農作業を希望する視聴者に軽トラックを突然購入
木梨憲武がモデル・阿部桃子の顔に油性ペンでサインの暴挙