写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オークマは、2016年11月17日〜22日にかけて、東京ビッグサイトにて開催されている工作機械およびその関連機器などの見本市「第28回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)」において、最新の複合加工機や5軸制御マシニングセンタのデモを交えて紹介している。

例えば切削・研削・金属積層・レーザ焼入れといった複数の加工を1台で可能とする超複合加工機「MU-6300V LASER EX」について、同社では切削加工機の枠を超えたスマートファクトリのコアマシンの1つとしており、実際に会場にて、ディスク旋削+ブレードの積層造形+5軸の切削加工といった複合加工を、異種金属の一体加工でもとして見ることができる。

また、同じくスマートファクトリのコアマシンの1つとしている5軸制御立形マシニングセンタ「MU-S600V」では、変種変量生産でも高い生産性を確保することができることを紹介するデモを見ることができる。というのも、同装置は、機械幅1400mmながらφ600mmワークの加工が可能なことに加えて、2台を連結させることで、搬送レスのライン構成を構築することが可能になるという特徴を有しており、これにより変種変量生産の状況下においても、コンパクトな無人・自動化システムを構築することができるようになるとしている。

このほか同社ブースでは、複数の最新工作機械によるデモのほか、大型の5面加工門形マシニングセンタ「MCR-BIII」の実機デモなども見ることができる。

(小林行雄)