注目のビッグプロジェクトが始動 (C)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会 (C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

写真拡大

 荒木飛呂彦氏の人気コミックを初めて実写映画化する「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」の超特報映像が公開された。

 シリーズ117巻で累計売上9000万部を誇る「ジョジョの奇妙な冒険」を、東宝とワーナー・ブラザース映画という日本映画界をけん引してきた2社が初タッグを組んで実写映画化するビッグプロジェクト。19世紀末のイギリスを舞台にした第1部から始まる、ジョジョと呼ばれるジョースター家の代々の戦いを描く大河ストーリーの原作から、第4部「ダイヤモンドは砕けない」のストーリーを映画化し、9月28日に行われた企画発表・キャスト発表の記者会見の様子が海外メディアでも報じられるなど、注目度の高さをうかがわせている。業界史上初となる、東宝とワーナー・ブラザース映画のロゴが並ぶ超特報映像は、その会見の模様が中心となって構成されている。

 現在、スペインのシッチェスで行われている撮影も佳境に入っており、物語の舞台となる「杜王町」のイメージに近い場所として選ばれた同地での撮影が終わり次第、日本での撮影も控えている。メガホンをとる三池崇史監督は「デジタル技術も進んでいるので、基本的にはキャラクターや衣装の作り込み、背景なども原作を踏襲した表現をしようと思っています」とコメントしている。

 主人公・東方仗助役を山崎賢人が務めるほか、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、真剣佑、観月ありさ、國村隼、山田孝之、伊勢谷友介と豪華俳優陣が結集。世界配給も視野に入れて製作が進められており、2017年夏に全国公開予定。