写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優・山崎賢人主演で実写化される映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(2017年夏公開)の特報が18日、公開された。

東宝とワーナー ブラザース ジャパン(以下ワーナー)の合同会社による初の共同製作・配給となる本作。今回公開された映像の冒頭では、東宝に続いてワーナーのロゴが映し出され、先日行われた会見の模様と共に、「驚愕」「未知の領域へ」「実写映像化決定」のコピーが躍る。

肝心の実写映像が収められていないのは、現在も撮影真っ只中であるため。スペインロケをほぼ終え、これから日本での撮影に入るという。メガホンを取る三池崇史監督は「日本だけでなく、世界中から"杜王町"を探すことから始めた。スペインのバルセロナから1時間程離れたところにシッチェスという町がある。イメージに近い場所を見つけた」「デジタル技術も進んでいるので、基本的にはキャラクターや衣装の作り込み、背景なども原作を踏襲した表現をしようと思っています」とコメントを寄せている。

今回実写化されるのはPart4(第4部)「ダイヤモンドは砕けない」。山崎賢人演じる主人公・東方仗助が杜王町に潜むスタンド使いと戦いを繰り広げる。山崎のほか、広瀬康一を神木隆之介、山岸由花子を小松菜奈、虹村形兆を岡田将生、虹村億泰を真剣佑、片桐安十郎を山田孝之、空条承太郎を伊勢谷友介、仗助の祖父・東方良平を國村隼、仗助の母・東方朋子を観月ありさが演じる。

(C)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会
(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社