落雷で323頭の野生のトナカイが感電死してしまう事故が発生して世界的に話題となりましたが、新たにアメリカ・ニューヨークの運河を埋め尽くす何千匹という大量の魚の死骸が1度に発見されるという驚愕の出来事が起き、世界中で話題となっています。

Tens of thousands of dead fish clog Shinnecock Canal on Long Island - CBS News

http://www.cbsnews.com/news/tens-of-thousands-of-dead-fish-clog-shinnecock-canal-hamptons-long-island/

These videos of thousands of dead fish clogging a Long Island canal will haunt your dreams - The Verge

http://www.theverge.com/2016/11/16/13652848/dead-bunker-fish-shinnecock-canal-long-island

アメリカ・ニューヨークの南東部に位置するロングアイランドを流れるシンネコック運河で、何千匹もの魚の死骸が見つかりました。ムービーを撮影したのはRodger Hubbardさんで、遠目で見ると川の水面が泡立っているかのように見えるのですが、実際には何千匹もの魚が運河を覆い尽くしています。

2016年11月15日にニューヨークのハンプトン湾から流れるシンネコック運河でムービーが撮影されました。

撮影されたのはシンネコック運河



水面はぷくぷくと泡立っているかのように見えるのですが……



アップで見ると川が魚で埋め尽くされているのがわかります。



ニューヨーク州の環境保護局によると、ムービーが撮影されてから1日が経過したのち、魚のほとんどは運河の底に沈んでしまったそうです。



運河に浮かぶ一隻の船は……



この機を逃すまいと網で魚を揚げ続けます。



夢に見そうなグロテスクな見た目。



以下のムービーは同じシンネコック運河に広がる魚の死骸を他の地点から撮影したもの。

見渡す限りの魚の死骸。





何千匹という大量の魚が死んでしまったのは、水門が運河の中に大量の魚を閉じ込めてしまい、水中の酸素が減少したせいだそうです。

シンネコック運河をさまざまな角度から撮影したムービーも公開されています。

2016 Bunker Fish Kill in the Shinnecock Canal - YouTube