16日、華字紙・日本新華僑報によると、北海道運輸局は15日、今年4〜6月の道内の宿泊旅行統計調査の結果を発表した。写真は五稜郭。

写真拡大

2016年11月16日、華字紙・日本新華僑報によると、北海道運輸局は15日、今年4〜6月の道内の宿泊旅行統計調査の結果を発表した。

調査によると、総宿泊客数は前年同期比で4.6%増加し743万人となった。このうち、外国人宿泊客は同14.8%増の122万人となったが、前年比6割増を記録した昨年に比べて伸び率はやや鈍化した。

国・地域別では、台湾が最多の28万2900人(同0.4%減)。次いで、中国が23万6000人(同11.5%減)となっている。北海道は中国人観光客に人気の観光地で、先日には一部メディアで中国人による「不動産爆買い」も報じられていたが、宿泊客の伸びは一段落した形だ。なお、定期便が就航した韓国は12万8400人(同37.6%)と好調だった。(翻訳・編集/北田)