日本のために制作、「ローグ・ワン」ポスター

写真拡大

「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」の直前までが描かれるアナザー・ストーリー「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」が、12月16日より全世界で公開となる。それに先駆け、ルーカスフィルムが日本のために制作した日本版キャラクターポスターが完成。さらに主人公ジンと重要キャラクターのキャシアン・アンドーの特別映像が解禁となった(https://www.youtube.com/watch?v=wHeMXmGYIKM /https://www.youtube.com/watch?v=-lD-O_fTOo4)。

解禁されたビジュアルは、帝国軍の究極兵器デス・スターの前に立ちはだかる、反乱軍の寄せ集め極秘チーム“ローグ・ワン”のメンバーたち。デス・スターの設計図を奪う不可能なミッションに挑む彼らの“希望のために命をかける”というまるでサムライ魂のような強い意志が感じられる。主人公で「愛を知らない孤独な戦士」ジン・アーソ、イケメンな「クールな反乱軍の情報将校」キャシアン・アンドー、「フォースを信じる武術マスター」盲目の戦士チアルート・イムウェら6人のローグ・ワンのメンバーは、ジェダイが滅びた時代で戦った熱き戦士だ。

フォースを信じるがその存在をいまだ知らない彼らは、「スター・ウォーズ」に影響を与えた黒澤明監督の「七人の侍」を彷彿させるよう。先日解禁された最新予告「フォース編」でも見られた“チームの熱い絆”が感じられる、壮観なビジュアルに仕上がっている。
さらにキャラクターポスターと合わせ、ジンとキャシアンのキャラクター動画が解禁となった。ジンは幼い頃に両親と生き別れ、生き抜くために様々な罪を犯すことも厭わず一匹狼として暮らしてきた。そのため「優しくされるのに慣れてないの」と言うジンはいつしか“絆を知らない孤独な戦士”になっていた。銃を振りかざしストームトルーパーも一人でやっつけてしまうほどの驚異の戦闘能力を持つジンだが、究極兵器デス・スター建設に科学者である父ゲイレン・アーソが関わっているという事実を受け、父の真意を明らかにすべく、初めてできた仲間たちとともに不可能なミッションに挑むのだった。

また、ジンとともに行動するキャシアン・アンドーは、いつも冷静沈着でクールなイケメンの情報屋だ。無鉄砲なジンに「君の助けになりたい」とほっとけない様子を見せるキャシアンは高度な諜報活動が得意。味方はたった10人しかいないという過酷な状況で、ローグ・ワンを一つにまとめる重要な役目を担っている。そんなジンとキャシアンだが、ハン・ソロとレイア姫のような関係に発展する可能性も…?

本作は、ルーカスフィルム社長で本作のプロデューサーを務めるキャスリーン・ケネディが「黒澤監督の『七人の侍』のように、“ローグ・ワン”のメンバーは、一緒に戦うことで、より良い世界のために肉体的かつ、精神的な強さを手に入れるのです」と語り、本作の物語の軸に“強大な敵を相手に仲間たちが結束し、自己犠牲をも厭わず闘い抜く事を誓う日本のサムライ魂”が込められている。日本人なら見ずにはいられないストーリー展開に期待したい。

映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」は12月16日(金)より全世界公開。