写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2016年7月29日より公開された『シン・ゴジラ』だが、11月16日(水)までの111日間で、観客動員551万人、興行収入80億円を突破した。

■『シン・ゴジラ』最新動員状況(11月16日現在、公開111日時点)
【観客動員】5,513,652人
【興行収入】8,001,673,200円

第1作の『ゴジラ』(1954年)が公開されてから60年以上、現在までに国内で、計29作品が製作され、日本を代表するシリーズ映画として君臨する「ゴジラ」。29作目となる『シン・ゴジラ』は公開以来、迫力の映像、圧倒的な情報量、緻密な取材に基づくリアリティで、これまでのゴジラシリーズでは考えられないほど幅広い層の観客を獲得し、大ヒットを記録している。

興行収入80億円超えの記録は、邦画実写映画としては、2013年12月21日に公開された『永遠の0』(最終興行収入87.6億円)以来となる。

(C)2016 TOHO CO.,LTD