「土曜スペシャル『ローカル路線バス乗り継ぎの旅〜特別編〜』」の収録を終え、ホッとした表情の太川陽介&蛭子能和

写真拡大

「土曜スペシャル『ローカル路線バス乗り継ぎの旅〜特別編〜』」(11月26日(土)夜6:30-8:54、テレビ東京ほか)の、取材会が行われ、太川陽介と蛭子能収が出席した。

【写真を見る】太川陽介&蛭子能和は仲良く同じポーズで“不仲説”を否定!?

本番組は、路線バスだけを乗り継いで、3泊4日でゴールを目指すガチンコ旅バラエティーの特別編。

通常は太川&蛭子のコンビが毎回異なるマドンナ(女性ゲスト)と旅をするが、今回はテレビ東京の本社移転記念週間「テレ東、変わるWEEK」の一環で、旅人は田中要次、羽田圭介、宮澤佐江にチェンジ。

3人は、3泊4日で静岡・熱海から路線バスだけでゴールの石川・金沢を目指す。

毎回、太川の奮闘と蛭子の自由奔放な言動で反響を呼んでいる本番組。

加えて、一部では「太川と蛭子は仲が悪いのでは?」という不仲説や「次のマドンナはベッキー!?」などの憶測が飛び交い、放送せずとも話題に事欠かなかった。

そんな太川と蛭子が報道陣の前に登場。

「不仲説は本当なのか?」という質問には、太川が「番組が始まって2〜3年は、蛭子さんに腹が立っていましたね。ネガティブ思考なんですもん」と告白。

しかし「今回旅に行った田中さんも羽田さんも良いところがあったけど、やっぱり僕のパートナーは蛭子さんかな!」と蛭子への“愛”を明かし、うわさを蹴散らした。

太川の思いを聞いた蛭子は「じゃあ、僕も太川さん(がベストパートナー)かな」とコメントし、太川から「『じゃあ』って何よ!」とツッコまれていた。

ベッキーの出演可能性についての質問が出ると、越山進プロデューサーは「今はそういう話はないです」とキッパリ否定し、太川も「事務所の先輩として(活動復帰の)力になれればと思っていますが、“バス旅”とそれは別だと思う」と回答。

'17年には10周年を迎える「バス旅」の経験からか、際どい質問にも動じることなく堂々と答え、さらには笑いに昇華させるという“神対応”の取材会となった。

最後に太川は「田中さんたち3人の旅は、『僕たちでなくても良い旅になるんだ…』と寂しく思うくらいに面白かったです。放送当日は、僕たちから大事なお知らせもありますので、オンエアをお楽しみに!」と重大発表をにおわせ、番組をアピールした。