写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アプラスとサッカーのドイツ・ブンデスリーガに所属する名門クラブであるBVボルシア09 e.V. ドルトムントはこのほど、業務提携契約を締結。11月17日、日本国内における同クラブファン向けクレジットカード「ボルシア・ドルトムントカード ゴールド」と「ボルシア・ドルトムントカード」の募集・発行を開始した。

ボルシア・ドルトムントは、1909年に創設されたサッカークラブ。香川真司選手、マルコ・ロイス選手、マリオ・ゲッツェ選手らが所属する。今回の提携における「ボルシア・ドルトムントカード」は同クラブにとって、ドイツ国内も含めて初めての提携クレジットカードとなる。

「ボルシア・ドルトムントカード」は、入会でもれなくクラブ公式選手カード(日本非売品)がプレゼントされる。入会後のカードショッピングの利用に応じてオリジナルグッズや香川選手や複数の主力選手のサイン入りユニフォームが抽選でプレゼントされ、ホームスタジアムであるジグナル・イドゥナ・パルクに隣接するファンショップ「FanWelt(ファンベルト)」でカードを提示または利用すると買い物金額が10%オフになる。

「ボルシア・ドルトムントカード ゴールド」(ゴールド)は、年会費(本人)初年度年会費無料、次年度以降1万円(税別)。「ボルシア・ドルトムントカード」(スタンダード)は、年会費(本人)初年度年会費無料、次年度以降1,500円(税別/年度内1回の利用で翌年度無料)。

また発行開始を記念して、11月17日〜2017年2月17日、入会キャンペーンが実施されている。