Doctors Me(ドクターズミー)- 《犯罪捜査にも期待》スマホの“手あか”から個人の生活スタイルが分析可能に!?

写真拡大 (全6枚)

2016年11月14日、携帯電話の手あかから持ち主の生活スタイルについて多くのことが分かるというアメリカの研究論文が発表されました。 手あかには様々な化学的情報が残されているようですが、今回はこの研究結果内容に基づき、手あかについて詳しく医師に説明していただきました。

アメリカの携帯電話における手あかの研究内容

今回発表された内容は、携帯電話に残された、その持ち主の皮膚片や汗や皮脂といった分泌物、コーヒーやたばこといった嗜好品、化粧品や常用しているお薬などの情報が数か月前のものまでさかのぼって調べることができるというものです。 今後その持ち主の生活スタイルを知って、犯罪の捜査や医療現場などにも役立てられる可能性があるという研究結果が発表されました。

手あかについて


手あかの成分

垢は本来、皮膚表面の古くなった角質が剥がれ落ちたものを指します。 手あかはこれに皮脂や汗、手についた汚れ、ほこりなどが混ざっている場合が多いと思います。

手あかの原因

皮膚からターンオーバーや摩擦によって落ちた古い角質や腺からの分泌物のほかに、例えばハンドクリームや化粧品、食物のかけらやスパイスなど、また、服用中のお薬の成分なども混ざっていることがあります。 手あか自体は汗かきな方などでは携帯電話の表面に付着して目立つことがありますが、特に異常なものではありません。

手あかで疑われる疾患

手あかは誰にでも存在するもので、特に病気があるために手あかが出るというものではありません。

手あか予防法

緊張したり自律神経の働きが乱れたりすると手のひらに汗をかきやすくなるといったことはありますが、特に異常ではなく予防する方法はありません。

手あかから分かる可能性がある情報


皮膚片

こちらからは、ダイレクトにDNAが分かり個人を識別できますね。

化粧品

メーカーや品番などから、購入歴などをたどることができる場合があります。

抗うつ薬や抗生剤など、特に処方をようする薬剤は受診歴などを調べることができるかもしれません。

タバコ

こちらも銘柄によって携帯電話の持ち主をある程度識別できる場合があるでしょう。

アルコール

こちらも、持ち主の年齢や珍しいお酒であれば個人の識別にも役立つかもしれません。

手あかから生活スタイルが分かることの懸念点

携帯電話は人に貸したり、手渡してもらったりすることもあると思いますので、持ち主の識別には細心の注意が必要ですね。

今後期待したいこと

凶悪犯罪などの解決に、今やほとんどの大人が持っている携帯電話からの情報が役立つといいなと思います。

最後に医師から一言

携帯電話からライフスタイルが分かるとすると、もちろん犯罪捜査などの点で大いに役立つことは素晴らしいですが、何となくいろいろな個人的なことを知られているようで怖い感じもしますね。 (監修:Doctors Me 医師)