3時間20分の試合時間は、3セットマッチとしては1991年に時間計測が始まって以降、大会史上最長記録であった――。

 男子テニスの今シーズン最後を飾る、ATPツアーファイナルズのグループリーグ第2戦。3時間20分のなかに、数々の息詰まる攻防と感情の揺らぎを含んだアンディ・マリー(イギリス)と錦織圭の一戦は、6−7、6−4、6−4のスコアで、マリーがからくも勝利をすくい取った。

「正直、今日の試合ではほとんどの打ち合いを、圭が支配していた」
「彼にほぼすべてのポイントを支配され、思うようにボールを打つことがほとんどできなかった」

 試合後のマリーの口からは、まるで敗者であるかのような言葉が並ぶ。試合終了後、2時間30分という異例の長時間を空けて始まった記者会見。アイス・バスに浸かり、可能なかぎり疲労を残さないよう努めていたという世界1位は、「今日の試合は、圭が2セットで勝っていてもおかしくない試合だった」と、いつもの無表情を崩さずに明言した。

 2セットで勝つべきだった......その想いはおそらく、錦織本人が何より覚えた悔いだろう。マリーが感じていたように、この日の試合は立ち上がりから、一旦打ち合いに持ち込めば、その結末は常に錦織の手にゆだねられた。

 それは決して、錦織が躍起に攻めたわけではない。むしろ一見すると、錦織はリスクを避け、打球を確実に相手コートに入れることを心掛けているようですらあった。ただ、その精度は極めて高く、球種が多様性に富む。

 相手コートをえぐるように鋭角に打ち込む、フォアのストローク。あるいはスローペースの打ち合いから、突如としてアクセルを踏み込んだように低い弾道でストレートに打ちこまれる、バックハンドの強打。それらを巧みに操り、ラリーを構築する錦織の前に、マリーは苛立ちを募らせた。ポイントを奪われながらも笑顔やガッツポーズを見せたのは、「フラストレーションが溜まってしまい、自分に対して皮肉な行動を取るようになっていたから」だと、のちにマリーは認めている。

 3本のブレークポイントを錦織が握りながらも、結果的にはモノにできずにもつれ込んだ、第1セットのタイブレーク――。ここでも主導権を握り、ポイントで先行したのは、錦織だ。

 先に手にした3連続セットポイントは、マリーのスーパープレーの前に逃した。だが逆に、マリーのセットポイントを19本のラリーの末にスマッシュを決めた時点で、錦織が勢いづく。最後は錦織の猛攻をしのぎ切れず、マリーのフォアがラインを割っていく。5本目のセットポイントで錦織が第1セットをもぎとったとき、試合開始からすでに1時間26分が経過していた。

 錦織が後に、「あそこが一番悪かったところかも......」と悔いとともに振り返ったのは、この直後のゲームである。

 第2セットの、第1ゲーム――。最初のポイントこそサーブで簡単に取るも、その後はミスや単調な攻めが続いて、マリーにリードを許してしまう。最後も錦織のフォアのストロークがラインを割り、両者を通じて初のブレークがマリーの手に。

「1セット目にあれだけ集中力を使っていたので、多少は放心状態になっていましたが......」

 第1セットが終わったときの精神状態を振り返り、錦織が真摯に続ける。「それを戻せなかったのが、自分のまだまだ弱い部分で、直さなくてはいけないところです」。

 その後、錦織は第8ゲームをブレークバックして追いつくも、直後のゲームでふたたびブレークを許し、第2セットを失った。

 第3セットでも、打ち合いならば錦織の優位は続く。しかし第3ゲーム、2連続ダブルフォールトを絡めて落とした時点で、試合の趨勢(すうせい)はほぼ決した。

「ファイナルセットでも、彼(マリー)のレベルは落ちない。そういう差は、まだまだあるかなと思います」

 試合後の錦織は冷静に、世界1位と自身を隔てたものを見つめていた。そして同時に、「自分がもう少ししっかりしていれば、勝つチャンスはあった。そこまでテニスの差はなくなってきている」と、3時間20分の死闘のなかから、明るい材料を持ち帰ることも忘れない。

 そう......たとえ敗れたからといって、落ち込んでいる暇はない。総当たりのグループ戦では、2日後には準決勝進出をかけた一戦が控えているからだ。

 その3戦目の対戦相手は、2週間前のバーゼル大会決勝で敗れたマリン・チリッチ(クロアチア)。予選突破の条件としては、同グループにいるマリーがスタン・ワウリンカ(スイス)を破れば、その時点で錦織の2位通過が確定する。しかし、錦織が追い求めるのは勝利であり、そしてなにより、自身が納得できるプレーだろう。

「この大会は次の試合まで1日空くので、リフレッシュして気持ちを切り替える時間がある。ポジティブに明日練習して、試合にがんばりたいと思います」。

 自分に言い聞かせるように、彼は言葉を紡ぎ、前を向く。

 大会史に刻んだ死闘をも過去として、錦織圭の2016年シーズンは、まだ続く――。

内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki