サミュエル・L・ジャクソン Photo by Matthew Eisman/Getty Images

写真拡大

 「ルーム」でアカデミー賞主演女優賞を受賞したブリー・ラーソンが長編初メガホンをとる新作コメディ「Unicorn Store(原題)」に、サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・キューザック、ブラッドリー・ウィットフォードが出演することがわかった。

 本作はサマンサ・マッキンタイアのオリジナル脚本で、実家に戻り両親と暮らし始めた女性キットが、ある店に招待されたことで、本当に大人になるとはどういう意味か見つめ直すというストーリー。ラーソンは監督のほか、キット役で主演、デビッド・バーナド&ルーベン・フライシャーとともに製作も務める。

 ちなみに、ラーソンとジャクソンはワーナー・ブラザースの新作「キングコング 髑髏島の巨神」(ジョーダン・ボート=ロバーツ監督)で共演しており、同作は2017年3月10日から全米公開。日本では3月25日から公開される。