<これまで原因不明だった乳幼児突然死症候群(SIDS)について、オーストラリアの研究者らが「死因はタンパク質の減少」のようだと発表。今後は出生時に危険性の有無を判別できるようになるかもしれない>

 赤ちゃんが睡眠中に突然亡くなる乳幼児突然死症候群(SIDS)を研究した生物学者らが、死因は脳内のタンパク質の減少だと示唆する画期的な研究結果を発表した。

 オーストラリアのシドニーにあるロイヤル・アレクサンドラ小児病院の研究グループによれば、もしその研究結果が正しければ、出生時にSIDSの危険性の有無をスクリーニング検査で判別できるようになるという。

 欧米でしばしば「コットデス(突然死)」と呼ばれるSIDSについて、死因に関する医学的根拠が提示されるのは初めて。これまでSIDSの原因は分かっておらず、窒息など睡眠時の事故とは異なるものの、「うつぶせ寝は避ける」「できるだけ母乳で育てる」といった注意が喚起されるだけだった。

 突然強い眠気に襲われるナルコレプシー(過眠症の一種)のなかで多い、筋肉が一時的に弛緩する症状は、オレキシンを作る神経細胞が破壊され、脳内のオレキシンが不足することで引き起こされる。オレキシン(別名ヒポクレチン)とは、覚醒や睡眠、食欲を制御する神経ペプチドで、タンパク質の一種だ。

 研究者らによると、SIDSで死亡した乳児についてもナルコレプシーの時と同様、オレキシンの欠乏が認められたという。

「赤ちゃんが睡眠中に亡くなる事例があることから、睡眠に関連した問題があることは把握していたが、死因は分かっていなかった。われわれの研究は、この脳内タンパク質が重要なカギを握っているらしいことを突き止めた」と、同病院で睡眠部門を率いるリタ・マチャーラニ医師は英デイリー・テレグラフ紙に語った。

「もし新生児の(オレキシンの)正常値を定めることができれば、異常値に該当した子供たちがSIDSや睡眠時無呼吸症候群に陥る危険性を予見できるようになるだろう」

ルーシー・クラークビリングズ