SUPER JUNIOR キュヒョン、シン・ジョンファンの芸能界復帰について言及「後任MCを努めてほしい」

写真拡大

SUPER JUNIORのキュヒョンが違法海外賭博で自粛中のシン・ジョンファンの復帰について言及した。

17日に韓国で放送されたMBC FM4U「正午の希望曲キム・シニョンです」には、SUPER JUNIOR キュヒョンがゲストとして出演した。

この日キュヒョンは、自身が活躍しているMBC「ラジオスター」について、「人生が大きく変わった。上手くいったし、得たものもある。失ったものも多いけど、得たものがもっと多いので感謝している」と話した。

キュヒョンは来年上半期に入隊する予定だ。そのため自然に「ラジオスター」から降板しなければならない状況で、早くも多くのスターたちがキュヒョンの空席に対し欲を表していると伝えられた。

これについてキュヒョンは、「男なら入隊すべきだが、大衆の方々は『行く行くと言ったのに、まだ行ってない』とおっしゃる。キム・グラ先輩が2年前から入隊の話をしたからだ」と明かした。

また、「2つの願いがある。多くの方々に許してもらえるのなら、S兄さんにMCを務めてほしい」と言い、シン・ジョンファンについて間接的に言及して注目を集めた。現在シンガポールなどでかき氷関連ビジネスを展開中のシン・ジョンファンは、芸能界への復帰計画はないと公式立場を明らかにしている。

続いて「2年後に入隊するアイドルグループのメンバーに務めてもらうのもいい。前者でも後者でもいい。まだ誰が後任MCを務めることになるのかは考えていない」と説明した。