エレン・ポンピオ(『グレイズ・アナトミー』)

写真拡大

一般視聴者からの投票で結果が決まるピープルズ・チョイス・アワード(People's Choice Awards)のノミネートが発表された。エミー賞やゴールデン・グローブ賞とはまた違った作品や候補者が並ぶが、64個ものカテゴリーの中から注目すべきドラマシリーズ関連のノミネートをご紹介しよう。

今回、最多ノミネートとなったのは、アメリカでシーズン13が放送中の『グレイズ・アナトミー』。TVシリーズ作品賞、ネットワーク局ドラマ部門作品賞、ネットワーク局ドラマ部門女優賞(エレン・ポンピオ)、ネットワーク局のコメディ・ドラマ部門男優賞(ジェシー・ウィリアムズとジャスティン・チェンバース)の見事5ノミネート。

TVシリーズ作品賞、ケーブル局SF・ファンタジー部門作品賞の2つにノミネートされたのは『ウォーキング・デッド』。以前、"主演のアンドリュー・リンカーンにエミー賞を"という署名運動がアメリカで行われていたことは当サイトでもお伝えしていた通りだが、今回はSF・ファンタジー部門男優賞にノミネート。また、ローレン・コーハンもSF・ファンタジー部門女優賞候補に名を連ねている。

もう一つ、"エミー賞に愛されない"ドラマとして当サイトでも以前お伝えしていた『アウトランダー』は、TVシリーズ作品賞、プレミアムSF・ファンタジー部門作品賞、SF・ファンタジー部門女優賞(カトリーナ・バルフ)、SF・ファンタジー部門男優賞(サム・ヒューアン)へのノミネートを果たした。

そして日本でも人気の高い犯罪ドラマからは、『ブラックリスト』、『クリミナル・マインド』、『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』、『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』、『Lucifer(原題)』がクライム・ドラマ部門作品賞にノミネートされている。

新シリーズからの候補作品は、『ストレンジャー・シングス』、『フラーハウス』、『ウエストワールド』、『The Good Place(原題)』、『This Is Us(原題)』、『リーサル・ウェポン』、『冒険野郎マクガイバー』のリブート版『MacGyver(原題)』、『エクソシスト』のTV版『The Exorcist(原題)』など。

好きな作品やキャストへの投票は、以下のリンクより受付中。
http://vote.peopleschoice.com/#!/home/all

授賞式は2017年1月18日(水)にロサンゼルスで行われる。(海外ドラマNAVI)