13日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本のきれい好きは病的なほどだとする記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は掃除機。

写真拡大

2016年11月13日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本のきれい好きは病的なほどだとする記事を掲載した。

記事は、日本人のきれい好きが病的だといえる理由として、普通は汚いミキサー車が新車のようにきれいなこと、建築現場で建物全体をカバーで覆うこと、毎日風呂に入って毎日服を取り換えること、身だしなみがいつもきちんとしていること、学校でも靴を履き替えること、水道水が直接飲めること、日本料理は油をあまり使わないので厨房がきれいなこと、ごみをきちんと分別すること、トイレも非常にきれいなことを挙げた。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「中国は日本と比較のしようがない」
「日本が強くなったのには理由があるということだ」
「中国人の民度が最も低いということは認めざるを得ない」

「ほかは別に何とも思わないが、日本の清潔さだけはうらやましいと思う。自分はちょっと潔癖症だから」
「中国には教育がなく洗脳があるだけだからだ。洗脳後がつまり今の中国だ」

「水道水が直接飲めるのか。中国の水道水から発がん性物質が検出されたというニュースがあったばかりだというのに」
「日本人がきれい好きというのはその通りだ。そして病的というのもその通りだ」

「でも中国の未来もどんどん良くなっていくと信じている」
「テレビに出てくる日本の家庭はどこのうちにも掃除機があるようだ。でも中国では掃除機のある家はごくわずか」(翻訳・編集/山中)