現在60歳のキャリーが昔ハリソンと不倫関係にあったと語った/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

『スター・ウォーズ』シリーズでレイア・オーガナを演じたキャリー・フィッシャー(60)が、同シリーズでハン・ソロを演じたハリソン・フォード(74)との不倫を暴露し、大ひんしゅくを買っている。

【写真を見る】キャリー・フィッシャーと初体験の相手ハリソン・フォード/写真:SPLASH/アフロ

キャリーはピープル誌のインタビューで、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(77)の撮影で知り合ったハリソンと、撮影中だった1976年に不倫関係があったことを認め、「ウィークデイはレイアとハン、ウィークエンドはキャリーとハリソンという感じ」「とても情熱的な関係だったわ」「私は性経験がなかったけれど、ハリソンは経験豊かだったので、彼を信じたの。彼はとてもハンサムで優しかった」と語った。

書籍The Princess Diaristからの抜粋としてRadar Onlineが報じたところによれば、「ある晩、キャリーがあまりに泥酔していたので、ハリソンがキャリーを自宅まで送ると提案し、一夜をともにした」とか。当時キャリーは19歳で独身だったが、33歳のハリソンは最初の妻メアリー・マーカットと婚姻中で、2児の父親だったため不倫関係になる。

しかしキャリーは、ハリソンとメアリーの離婚について、「この不倫が原因ではなかった」ときっぱり否定。また、40年経った今になれば、時効といえば時効だが、ネットユーザーたちからは、「なにを今さら自慢げに?」「ハリソンは現在、結婚している身。失礼すぎる」「わかっていても、自分のご主人が不倫していたなんて知らされるのは嫌なもの。配慮が足りない」「話題作り」といった非難の声が殺到している。【NY在住/JUNKO】