パリスがロサンゼルスの空港でパスポートの期限切れを指摘された/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

いくら有名人といっても例外は認められないようで、パリス・ヒルトンが空港でパスポート無効を指摘され、出国できなかったようだ。

【写真を見る】2009年、日本の空港に降り立ったパリス・ヒルトン/写真:SPLASH/アフロ

パリスは、自身のレーベルから発売される香水、Gold Rushのプロモーション準備で、ロサンゼルス国際空港からオーストラリアに向かうはずだった。

オーストラリアではDJとしてナイトクラブでのイベントに参加する計画もあったようで、パリスはフライトの数時間前に、「今夜、オーストラリアに旅立ちます!大親友に会えるのが待ちきれないわ!」というキャプションと共に、コアラと戯れる自身の写真をインスタグラムにポスティングしていた。

しかしデイリー・テレグラフ紙によれば、「オーストラリア行きのフライトは、定刻通り出発し、オーストラリアに到着予定だった。しかしパリスの人生はそう簡単にはいかないようで、空港でパスポートの有効期限切れが発覚した。出国を拒否され恥をかかされたパリスは、真っ赤な顔をして、しぶしぶその場を立ち去った」という。

今回は出国拒否だが、パリスは2010年に日本を訪れた際、入国を拒否された経験がある。ラスベガスの裁判所で麻薬所持と公務執行妨害の罪を認めた件について、入国審査官から事情聴取を受けるために成田空港内のホテルに拘留されたもので、結果が出る前にアメリカへ戻ったが、パリスと空港は少々相性が悪いようだ。【NY在住/JUNKO】