【ルノー・スポール ジャンボリー】富士スピードウェイにルノー車400台以上が集結!

写真拡大 (全68枚)

テストドライバーのロラン・ウルゴンさんが来場しファンも大喜び!

2008年から静岡県にある富士スピードウェイで開催されているルノー・スポール ジャンボリーは今年で8回目を迎えた。400台以上のルノー車が集結し、メガーヌR.S.トロフィーRでニュルブルクリンクFF量産車最速タイムを叩きだしたテストドライバーのロラン・ウルゴンさんも登場するなど盛大なイベントになった。

AUTOCARが主催している「AUTOCAR JAPAN FESTIVAL」内で行われているルノー・スポール ジャンボリー。年に1度しか行われないイベントで、毎年楽しみしている参加者が多い。遠方から訪れるファンも多く、普段はSNSでやりとりをしつつ、このイベントでしか会えないオーナー同士の繋がりもあるという。

ルノー・スポール ジャンボリーそのものは、とくに決まり事がなくユルい雰囲気だ。イベントに参加したルノーオーナー同士で談義している様子が覗えた。 また、事前申込みでオール・ルノー・ランと呼ばれるパレード走行と、ルノー・スポール トロフィと呼ばれるサーキットを走行をできるイベントにも参加でき、無理のない範囲でサーキットを楽しめるのも「参加したくなる」理由だ。

メイン会場となるルノー専用パドックではステージアトラクションが行われた。ルノー・ジャポン代表取締役 社長の大極さんが登場し「前日は雨でヒヤヒヤしましたが、皆さんのパッションで晴れました! 今日は皆さんと一緒に楽しみたいと思います」と語った。

ステージでは恒例のジャンケン大会を実施。子供から大人までプレゼントに想いを込めて片手を上にあげ、ルノー・スポールの国際マーケティングマネージャー、ジャン・カルカさんによる片言の「Are you Ready? ジャッケポン」というかけ声で行われ会場を賑わせた。

また、レーシングドライバーの桂 伸一さんと井出有治さんによるトークショーが行われ富士スピードウェイの攻略が語られた。

ウルゴンさんは、富士の本コースをメガーヌR.S.トロフィーRでタイムアタックに挑戦。さらにルノー・スポール トロフィではオーナーと混走するなどイベントを盛り上げた。

ウルゴンさんは「自分で開発をしたクルマと、その買ってくれたオーナーと一緒に走れて楽しかった。皆ブレーキを奥まで我慢するからビックリしたよ! 一緒に走ったクルマの中で1台気になったクルマがあって。それは赤いメガーヌでチューニングしていたクルマなんだ。ぜひ1度乗ってみたい」イベントについては「皆と走れるのが楽しい。ヨーロッパのイベントも行くけど今まで行ったなかでも日本が一番熱いよ!」と話してくれた。

イベント終了間際にウルゴンさんは「来年もまた会いましょう!」とステージで話し会場を後にした。

【参加者の声】

ルーテシアRSで参加したカップルは、ウルゴンさんと英語で話しをしていたので訪ねてみると「年齢を聞いても大丈夫ですか? と聞いたら43歳だよ」と気さくに応えてくれたという。タイムレコードを持っていることにルノーオーナーとして憧れを持っている彼氏は「気さくに写真撮影の対応もしてくれて、ウルゴンさんのことを知らなくても興味をもちファンになってしまう」と話してくれた。

「親切に話して頂いて、より一層好きになりました」と話す、大阪から来たAさん夫妻は2年前にウルゴンさんからサインを頂きファンになったという。「イタリア語でも大丈夫ですか?」と奥さんが聞くとウルゴンさんは「大丈夫! 日本に来てイタリア語を話すとは思わなかったよ」と笑顔で言う。

旦那さんがデザインしたキーケースをウルゴンさんにプレゼントすると「日本人は親切だね。本当に心が温まるよ」と話してくれた。

【写真ギャラリー】