日本政府観光局は16日、2016年の訪日外国人客数が10月までに2,011 万3,000人となり、年間で初めて2,000万人を突破したと発表した。前年同期比では23.3%の増加。2015年は通年で19,73万7,409人だった。

 10月単月の訪日外客数は、前年同月比16.8%増の213万6,000人と、10月としては過去最高を記録、これまでの単月最高である今年7月の229万7,000人に続き、過去2番目となった。

 10月の訪日外客数の増加を後押しした要因としては、アジア圏の国慶節や学校休暇等が需要を創出したことに加え、クルーズの寄港増加や航空路線の拡大・増便、日本国内での国際会議・イベントの開催などが挙げられるという。

 国・地域別にみると、1月からの累計では、韓国(416万9,000人)、インドネシア(20万8,200人)、フィリピン (27万6,500人)、ベトナム(20万2,600人)、インド(10万4,300人)、米国(103万3,900人)、フランス(22万500人)、スペイン(7万9,900人)が、9月までに昨年の年計を超えた中国に続き、年計での過去最高をすでに更新している。

 1〜10月の国・地域別トップ10は、中国(551万2,700人)、韓国、台湾(358万8,100人)、香港(149万7,100人)、米国、タイ(72万4,800人)、豪州(36万600人)、マレーシア(28万6,500人)、フィリピン、英国(24万8,200人)の順となっている。