ハ・ジウォン、朴大統領の偽名騒動に言及「私も愛しているキャラクターなのに…」

写真拡大 (全4枚)

映画「命がけの恋愛」の主演ハ・ジウォンが“キル・ライム論争”について言及した。「私も大韓民国の一人だ」と真剣に答えた。

17日午前、ソウル江南(カンナム) 区CGV狎鴎亭(アックジョン) で行われた映画「命がけの恋愛」の制作報告会には俳優ハ・ジウォン、チョン・ジョンミョン、ソン・ミンギュ監督が出席した。この日の試写会には多数の取材陣が押し寄せた。昨日JTBCのニュース番組「ニュースルーム」で朴槿恵(パク・クネ) 大統領がドラマ「シークレット・ガーデン」でハ・ジウォンの演じた“キル・ライム”という偽名を使い、ある病院の健康診断センターを利用したと報じられた後、ハ・ジウォンが初めて公の場に出席したためだ。

この日ハ・ジウォンはブラックワンピース姿で登場し、優雅な魅力をアピールした。ハ・ジウォンはチョン・ジョンミョン、ソン・ミンギュ監督と一緒にテープカットをして着席し、映画について話した。

ソン・ミンギュ監督は「最近社会が混乱しているが、大勢の方々に来ていただき、ありがたい」とし、「命がけの恋愛」について「連続殺人事件を追う3人の男女の愉快で殺伐とした捜査劇とラブストーリーが調和した映画だ」と紹介した。

昨年「許三観(ホサムグァン)」に続き、1年ぶりにスクリーンに復帰したハ・ジウォンは自身の演じるハン・ジェインというキャラクターについて「作家だが、自分が探偵だと勘違いしているキャラクターだ。変わり者だが、行動力もあって愛らしく憎めないキャラクターだ」と説明した。

ハ・ジウォンは「監督が楽しい雰囲気を作ってくれたため、気楽に演じることができた。コミカルな捜査劇で、シチュエーション自体が面白い。映画を見たら、撮影現場で演じていた以上にキャラが崩壊していた」と紹介した。

またこの日、MCのキム・テジンは取材陣との質疑応答に先立ちハ・ジウォンに「今日、どうしてこんなに大勢の記者が来られたのか」と、自然に“キル・ライム論争”について言及した。

ハ・ジウォンは「昨日、夕食を食べながら『ニュースルーム』を見ていたが、キル・ライムという名前が出てきて驚いた。今もキル・ライムというキャラクターは愛されているし、私も愛しているキャラクターなのに…」と語尾を濁し、「ハン・ジェイン(本作でハ・ジウォンが演じるキャラクターの名前) は使わないでほしい」と意味深な答えをして視線を集中させた。

また彼女は「『命がけの恋愛』のハン・ジェインというキャラクターもとても愛らしく可愛らしいキャラクターだ。たくさん期待していただきたい」とし、「命がけの恋愛」の話で締めくくった。

ハ・ジウォンはブラックリストの議論についても「実はこのことについて知らなかった。マスコミを通じて知ったし、女優ハ・ジウォンである前に、大韓民国を愛する一人の人間で、国に良いことがあれば、一緒に喜ぶし、悲しいことがあれば、一緒に悲しむ人間だ。私も大きな悲しみを感じている」と話して注目を集めた。

「命がけの恋愛」は非公式捜査に乗り出すホダン(しっかりしているように見えるが、どこか抜けている人) のような推理小説家ハン・ジェインのスリル満点のコミカル捜査劇だ。韓国で来月公開が予定されている。