すき家の高級路線!?新商品「黒毛和牛弁当」試食会に潜入してみた

写真拡大 (全5枚)

 すき家が11月17日から豪華弁当を発売するというので、つい試食目当てで新商品発表会に潜入してきました。

 すき家はこの9月、イギリスはロンドンのケンジントン宮殿で表彰式が開催された2016年のワールド・ブランディング・アワーズにおいて「ブランド・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。これは日本の外食ブランドとしては初めて。他の業種における受賞ブランドには、フェラーリやエルメス、プラダやグッチなどの名前も並んでいます。世界で優れたブランドのひとつとして認められたってことなんですね。日本からは他に、セイコーや伊勢丹、全日空などが受賞しています。

【関連:一人居酒屋、一人牛丼屋…“おひとり様”は現代女性の常識】

■牛丼並盛の約3倍!価格1080円(税込)の豪華版「黒毛和牛弁当」

 発表された新商品「黒毛和牛弁当」は、それを記念したもの。どんなものかというと……国産黒毛和牛を特製ダレで煮込んだ豪華版で、テイクアウト向けの弁当として発売されます(店内で食べる事もできます)。国産の黒毛和牛を使用しているということで、価格も通常の牛丼とは違い、1080円(税込)と豪華版にふさわしいもので、数量・期間限定商品とのこと。

 発表会には、11月18日から放送予定の新CM「新弁当2016編」に出演する安めぐみさんと、子役の清原碧羽くん、川北のんちゃんが登壇。撮影時の様子や「黒毛和牛弁当」の感想についてトークがありました。また、ワールド・ブランディング・アワーズ受賞を記念した「金の丼」もお披露目され、壇上に積み上げられていました。

■さすがサシの入った国産黒毛和牛 お肉やわらか〜〜〜〜

 さて、そんな豪華な黒毛和牛弁当、お味はどんな感じなんでしょうか。発表会後に(個人的に)本題の試食会があったので、早速味わってみます。

 牛丼の肉といえば、脂身の甘みが特徴的なバラ肉(ショートプレート)が標準ですが、これは違います。脂の甘みと赤身のうまみのバランスを重視し、選び抜いた部位とのこと。また牛丼のものよりも少し厚みがあり、ボリューム感があります。食べてみると肉はやわらかく、かつ適度な噛みごたえもあります。さすがサシの入った国産黒毛和牛。味付けは弁当を意識したのか、やや濃い目でタレたっぷりな感じで、牛丼とは異なります。サイドには卵焼き、玉こんにゃく、ゴボウの漬物が添えられています。これらも箸休めとしていい味つけでした。

 牛丼並盛の約3倍近い1080円という思い切った値段設定に、ちょっとびっくりしましたが、全体的に満足いくものでした。気になる販売開始日は11月17日(木)。数量限定・期間限定販売のため、売り切れ次第販売を終了となっています。気になる人はご注意を。

(取材:エドガー/編集:咲村珠樹)