短い生涯を激しく生きた2人 (C)2016 Chip Baker Films

写真拡大

 伝説のパンクロッカー、シド・ビシャスと恋人ナンシー・スパンゲンの愛と生涯にフォーカスしたドキュメンタリー「SAD VACATION ラストデイズ・オブ・シド&ナンシー」の予告編が公開された。

 今作は、2人の波乱に満ちた恋愛模様を映し出し、1978年に、米ニューヨークにあるチェルシーホテルの100号室で遺体となって発見されたナンシーの不可解な死に迫る。「Looking for Johnny ジョニー・サンダースの軌跡」などを手掛けたダニー・ガルシアが監督を務めた。

 予告編では、シドが所属していたバンド「セックス・ピストルズ」のローディーを担当していたスティーブ・コノリーが、シドについて「愛嬌もユーモアもあるヤツで、賢いワルガキって感じだった」と語り、深刻な麻薬中毒者であったナンシーと引き離そうとしたことを明かす。また、様々な関係者がシドにナンシー殺害の疑いがかけられたことに「あり得ない」と反発し、2人の破滅的でありながらも強力な愛を証言している。

「SAD VACATION ラストデイズ・オブ・シド&ナンシー」は、12月17日から東京・新宿K's cinema、渋谷ユーロスペースほか全国で公開。